グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  國際交流 >  NGU留學の特徴

NGU留學の特徴


名古屋學院大學の留學は、短期と中期と長期の3種類から選べます。また、どの學部?學科でも留學制度を利用することができます。短期は春季休暇や夏季休暇を利用した1~2ヶ月の留學。中期は秋學期か春學期の1セメスター。長期は秋學期と春學期の2セメスター(約1年で、長期と中期を組み合わせれば、最長で2年の留學が可能です。さらに、2年間留學しても、4年間での卒業が可能です。自分の関心に合わせて、留學のスタイルを選ぶことができます。くわしい留學の相談や手続きなどは、國際センターが擔當しています。

3種類の留學プログラム

名古屋學院大學の留學制度は留學期間により3つに大別されます。
  • 長期留學 (10ヵ月~1年)
  • 中期留學 (4ヵ月~半年)
  • 短期留學 (1ヵ月~2ヵ月)


「長期留學」、「中期留學」には、公費交換留學と私費留學の2つの形態があり、公費交換留學では留學希望者の中から學內選考により対象者を決定します。『短期留學』は私費留學のみとなっています。

長期?中期留學とも英語圏の協定校への留學を希望する場合は、大學レベルのアカデミック英語能力を正確に測定する「TOEFL(トーフル)」試験の成績等により公平に派遣対象者および派遣先が決定されます。中國語、韓國語その他言語地域への派遣希望留學生は、各言語の検定試験、學內スピーチコンテストや普段の授業の成績等により総合的に判定されます。

どの言語についても、語學力を一朝一夕に高めるのは困難であり、特に公費交換留學生になることを目標とする場合は、入學直後あるいは入學以前から地道な努力を続ける必要があります。入學後すぐの夏休みに參加できる「短期留學」にて基礎的な語學力とコミュニケーション力の両方の実力を伸ばす、授業以外で自分の力に合わせて基礎學力を養うことができる「インターナショナルラウンジ(i-Lounge)」の指導を受ける、i-Loungeが主催する「TOEFL講座」を利用するなど、まず「公費交換留學生」になるまでのしっかりとした學習計畫を立て、それを著実に実行することが大切です。

短期留學(1~2ヵ月)

內容 協定校での語學研修、海外インターンシップ、スタディツアー
対象 全學部?學科
期間 春季?夏季休暇の2週間~2ヶ月
費用 約20萬円(アジア圏)
約40~75萬円 (英語圏)
※現地でのフィールド?トリップやホームステイも多彩に準備。

中期留學(4ヵ月~半年)

內容 協定校での語學研修または正規授業を受講
対象 経済學部、現代社會學部、商學部、法學部、外國語學部、國際文化學部
期間 1セメスター(秋學期または春學期)
費用 公費交換約15~30萬円、私費約50~70萬円(アジア圏)
公費交換約50~110萬円、私費約100~300萬円(英語圏)

長期留學(10ヵ月~1年)

內容 協定校での語學研修または正規授業を受講
対象 経済學部、現代社會學部、商學部、法學部、外國語學部、國際文化學部
期間 2セメスター(秋學期と春學期)
費用 公費交換約20~65萬円(アジア圏)
公費交換約60~150萬円(英語圏)
※4年間で卒業可能です。長期留學と中期留學を組み合わせれば、1年半?
 2年間の留學も可能です。
※上記費用には渡航費、寮費、食費等が含まれます。なお公費での留學は、
 留學先での授業料が免除されます。(寮費が免除される場合もあります)

※留學対象國は學部ごとに異なります。

留學の特色

學部の學びと連攜した多様なプログラム

各學部?學科ごとに、「英會話」「実用英語」など、英語を中心とした留學を支援する科目を用意。留學に必要なコミュニケーション能力を身につけ、異文化への理解を深めます。

留學までの期間を事前研修でサポート

アメリカ?カナダへの公費交換留學生に対し、留學先で必要とされる語學力の向上を目的として、出発までの約半年間「派遣前特別プログラム」を実施します。また留學直前には、北米の學習スタイルに合わせた「直前研修」を數日間に渡り実施し、留學先で必要となるスキルを実戦形式で身に付けます。

公費交換留學生への奨學金制度を拡充

中?長期留學には「公費交換留學」と「私費留學」があります。公費交換留學では派遣先大學の學費は免除となり、、寮費も不要な大學もあります。また、公費交換留學が認められた學生には「名古屋學院大學留學奨勵金」を支給します。
名古屋學院大學留學奨勵金の概要
區分 派遣國 奨勵金
長期 アメリカ?カナダ?オーストラリア 40萬円
中國?タイ?臺灣?韓國?フィリピン?インドネシア 20萬円
中期 アメリカ?カナダ?オーストラリア 20萬円
中國?タイ?臺灣?韓國?フィリピン?インドネシア 10萬円
公費交換留學が認められた學生には「名古屋學院大學留學奨勵金」を支給します。奨勵金(最大40萬円)は返還する必要はありません。
※留學先での成績不振や途中帰國などの場合は返還していただきます。

留學費用をフルサポート! 全學費用支援公費交換留學制度

<全學費用支援公費交換留學> 
 本制度では、名古屋學院大學が留學に係る費用を支援します(返還する必要はありません)。
選考?時期 1、2年次
選考條件 (長期?中期) TOEFL-ITP 530點
    ※原則として必修科目をすべて修得していること
(選考方法)公費交換留學応募者から対象者を選出します
奨勵金 學費(免除)、居住費(寮費)、渡航費、海外旅行保険料、VISA申請料
※ 「居住費」は派遣先大學における標準的な寮費を支給します。「海外旅行保険料」および「VISA申請料」は代理店を通じ支給します。
派遣対象國 アメリカ?カナダ

留學を強力にバックアップ

専門科目の中で留學を支援

外國語學部は「留學英語」等の豊富な語學系専門科目、経済學部?商學部では「実用英語演習」などの科目を開講。留學に必要なコミュニケーション能力と國際的センスを身につけながら卒業単位が認定されるメリットがあります。

TOEFL?アカデミックスキル特別講座を開設

春學期、夏季休暇、秋學期中にアメリカから英語教育の専門家を招き、段階的なレベル別TOEFL集中講座を開講。毎年たくさんの學生が參加しています。

留學派遣前後特別プログラム(アメリカ、カナダ長期?中期公費交換留學生 対象)

留學派遣前および派遣後の特別プログラムを実施しています。派遣前プログラムでは、派遣學生が少人數(5?6名)のグループに分かれ、ネイティブ講師(もしくは留學生)がアドバイザーとなり、半年間にわたり様々な研修を実施します。また派遣後には留學経験者を対象としたTOEIC700/800點講座等、就職を見據えたプログラムを実施しています。

直前研修(アメリカ、カナダ長期?中期公費交換留學生 対象)

派遣先大學での學びや生活に対応する能力を培うため、留學派遣直前に數日間「直前研修」を実施します。シラバスの見方、派遣先大學の情報収集、ノートテイキング等、派遣先で必要となるスキルを実戦形式で身に付けます。  
※ この直前研修の受講費用は名古屋學院大學が負擔します。

充実した奨學金制度

公費交換留學が認められた學生には「名古屋學院大學留學奨勵金」を支給します。
留學先 種別 人數 金額
アメリカ?カナダ?オーストラリア 長期 10名 40萬円
中國?タイ?臺灣?韓國?フィリピン?インドネシア 長期 5名 20萬円

派遣留學生數(年間)

※2019年度実績となります。

長期?中期留學 計69名

留學派遣先 留學者數
アメリカ 27
カナダ 17
フィリピン 1
タイ 3
インドネシア 2
韓國 9
臺灣 4
中國 6

短期留學 計211名

留學派遣先 留學者數
アメリカ 32
カナダ 28
オーストラリア 15
ニュージーランド 12
イギリス 20
オーストリア 13
中東歐 10
フィリピン 24
タイ 15
インドネシア 24
韓國 18
草蜢社区在线观看免费下载