グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  國際交流 >  中期?長期留學(4ヵ月~1年)

中期?長期留學(4ヵ月~1年)


中期?長期留學プログラムについて

「長期留學」とは、本學協定大學での約1年(2 學期)、「中期留學」は、本學協定大學での約半年(1 學期)の留學プログラムです。留學期間は本學在學期間として認められ、派遣先大學で取得した単位は申請により本學卒業単位に振替認定されるので、基本的に4年間で卒業することが可能です。

【派遣先での學習】
アメリカ?カナダ?イギリス?オーストラリア?ニュージーランド?タイ?フィリピン?インドネシアの派遣先大學においては現地學生と共に學部の教養科目や専門科目を受講しますが、派遣先大學が求める語學基準に達していない場合はESL* 1 の総合的な英語學習に參加します。中國?韓國の派遣先大學においても學部の教養科目や専門科目を受講しますが、十分な語學能力を有していない場合は語學コース* 2 に參加します。

* 1. ESL(English as a Second Language)
留學生など、英語を母語としない人のための英語集中コース。能力別クラス編成、10人ほどの少人數クラスで、Reading、 Writing、 Communication 等を週20~25時間、総合的?集中的に學びます。

* 2. 語學コース
基礎から上級まで第2言語としての中國語/韓國語の教育を行う語學コース。能力別に少人數クラスで、話す、聞く、書く、読む等の授業を受講します。

派遣先大學の授業料等の免除

公費交換留學生は本學の學費を納入することにより、派遣先大學の授業料は免除されます。居住費(寮費)は派遣先により支払い免除となる場合がありますが、基本的に自己負擔です。なお、食費、渡航費、VISA 取得費、海外旅行保険料その他個人的費用は自己負擔となります(全額費用支援制度対象者を除く)。

留學期間と種別

【長期留學】
  留學期間は1 年間で、留學期間は本學の在學期間として認められます。
  * 外國語?國際文化學部生は、長期?中期留學を併用し、最長2年の留學が可能です。

【中期留學】
  留學期間は1 學期間で、留學期間は本學の在學期間として認められます。
  * 中期公費交換留學生に選抜された場合、次學期は私費留學生として留學期間を1學期間延長することができます。
  * 中期公費交換留學の他に、中期私費留學制度もあります。

単位振替と宿舎

派遣先大學での取得単位は、本學卒業単位に最大44 単位/年(22 単位/學期)まで振替が可能です。宿舎に関しては原則としてアメリカ?アジア圏(中國、臺灣、韓國、タイ、フィリピン、インドネシア)は學生寮(2人部屋が基本)、カナダ?オーストラリア?ニュージーランド?イギリスはホームステイ(一部學生寮)となります。

公費交換留學生の選考について

※以下、「2021年度留學プログラムガイド」を抜粋したものとなります。
その他詳細についてはプログラムガイドにてご確認ください。

留學派遣前特別プログラム

中期私費留學生について

留學期間は1 學期間で、留學期間は本學の在學期間として認められます。

派遣先大學で取得した単位は、申請により最大22 単位/學期を本學卒業単位として振替認定しますので、4年間で卒業することが可能です。中期私費留學に関しても、公費交換留學と同様に選考を行います。
(休學留學をした場合は、単位振替ができません。また休學期間に応じ卒業が延期になります。)

【留學費用】
派遣先大學により留學費用は異なります。中期私費留學の場合、派遣先大學の學費がすべて個人負擔となります。なお、本學學費を通常通り納付いただくことにより派遣先大學での取得単位を本學卒業単位に振り替えることが可能です。
 ※ 選考基準は學部學科、プログラムにより異なります。中期私費留學生募集要項等で確認してください。

留學奨勵金

【公費交換留學】
 公費交換留學生には本學から留學奨勵金が支給されます。金額については英語圏:長期40萬円、中期20萬円/アジア圏:長期20萬円、中期10
 萬円を支給しています。
  *日本學生支援機構の留學奨學金受給予定者には本學の留學奨勵金は重複して支給されません。

【中期私費留學】
 中期私費留學の派遣先大學にカナダ?アルゴマ大學を選択した場合で、TOEFL450點を取得した方には奨勵金10萬円を支給します。
  *「留學派遣前特別プログラム」にも參加して頂きます。

中期?長期留學制度(まとめ)

英語圏

アジア圏

草蜢社区在线观看免费下载