グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大學院 >  修學支援制度

修學支援制度


本學大學院では、學修?研究に前向きな意欲を持つ方のために下記のような経済的支援や學修環境の整備?提供を行っております。

経済的支援

學費について

初年度および2年次以降の學費を公開しています。各種奨學金の適用を受けられるほか、標準年限を超えて在學し、學期初めに修了要件を1科目満たさない場合の學費は、その期の授業料が半額免除されるなど、學修?研究に取り組みやすい制度を設定しております。

大學院シニア學生授業料減免制度

本學大學院の正規課程に在籍するシニア學生(4月1日現在の年齢が満55歳以上)の方を対象に、一定の條件を満たした場合に、入學年度の授業料の50%を減免する制度があります。

私費外國人留學生授業料減免制度

本學大學院の正規課程に在籍する私費外國人留學生(留學ビザ取得者に限定)で、経済的理由により修學困難な場合、一定の條件を満たせば、學業継続を支援することを目的にその年度の授業料の50%を減免する制度があります。(上限15名の選定制)

奨學金

下記の奨學金制度を利用することができます。詳しくは「奨學金」のページをご確認ください。
學內
  • 名古屋學院大學大學院奨學金
  • 名古屋學院大學災害時緊急奨學金
學外
  • 獨立行政法人日本學生支援機構奨學金(舊 日本育英會)
  • その他団體の奨學金

教育訓練給付制度

一定の條件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が経済経営研究科 経営政策専攻 博士前期課程、英語學専攻(通信)博士前期課程(厚生労働大臣指定教育訓練講座)を修了した場合、支給要件期間に応じて教育訓練給付金がハローワーク(公共職業安定所)から最大10萬円が支給されます。

研究奨勵金

名古屋學院大學大學院生共同研究?プロジェクト型研究奨勵金
本學大學院では、院生の研究活動の活性化と研究水準の向上を図るため、各研究科?専攻において継続的?系統的に研究すべき基幹となる研究テーマを選定し、そのテーマに沿って複數の院生が1つの研究課題を共有して、共働的な研究活動を推進することを奨勵しています。
これにより、院生が行なう共同研究またはプロジェクト型研究に対して大學院生研究奨勵金を1件あたり年間15萬円を限度とし、支給します。

大學院教育研究振興補助金
本學大學院における教育研究を振興するために、本學院生または指導教員が學術論文、著書を公刊した場合、そこに至るまでに要した教育研究費用に対し、一定の條件のもとで、個人研究10萬円、共同研究は1人10萬円として人數分合計額を、それぞれ限度額として支給します。(対象となる學術論文とは、國際學術雑誌、日本學術會議が認定する學協會が発行する論文集に掲載された原著論文、名古屋學院大學論集?年報および名古屋學院大學大學院院生協議會経済経営論集?外國語學論集です。學術論文掲載の雑誌および単行本にはISBNまたはISSNがついていることを必要とします。)

長期履修制度

長期履修制度とは、職業を有している等の事情により、通常の修業年限では大學院の教育課程の履修が困難な方に限り、標準修業年限を超えて計畫的に教育課程の修學をおこなう制度です。対象となる方は、職業を有する方(主としてその収入で生計を立てている非正規職員を含む)および、出産、育児、介護、その他やむを得ない事情により、フルタイム學生としての修學が困難と認められる方です。認められれば、標準修業年限の授業料で最大その2倍の期間まで在學できる制度で、入學前と在學中(最終年次を除く)に申請することができます。

大學院再入學制度

本學大學院の諸事情により除籍?退學になった方で、除籍?退學となった日から一定期間內(博士後期課程に3年以上在學し、所定の単位を修得して退學した方はこの限りではありません)であれば、本學大學院に再入學することができます。再入學にあたっては諸條件がありますので、詳細は大學院事務室までお問い合わせ下さい。

サテライトキャンパス

本學には、ビジネス現場に近く交通の便の良い、名古屋?丸の內のキリックス丸の內ビル7階に「丸の內サテライト」というサテライトキャンパスを設置しています。主に経済経営研究科では、講義のほとんどが、平日夜間(18:15~21:15)と土曜日(9:30~16:45)に「丸の內サテライト」で行われますので、平日晝間に仕事をもつ社會人の方にも仕事帰りに無理なく通學していただけます。また、この「丸の內サテライト」に大學院に関する事務をおこなう大學院事務室があります。

図書室/院生研究室

図書室には、大學院で利用する図書を中心に約2,000冊を所蔵しており、さらに瀬戸?名古屋キャンパスにある図書館から蔵書を取り寄せることも可能です。また、院生研究室には、院生が共同で利用することができる機?イスやキャレル、インターネット接続のできるパソコンを設置しています。通信には無線LANを構築しており、ネットワークを通して本學學術情報センター(図書館)の蔵書検索やインターネットへの接続ができます。個人ブースやロッカーも完備していますので、集中して自習ができる環境です。

もっと詳しく知りたい方は「施設案內」のページをご確認ください。
草蜢社区在线观看免费下载